HOME > 子宮頚がんワクチンに接種開始
子宮頚がんワクチン 接種再開のお知らせ  接種開始

 厚生労働省より平成25年6月14日より、子宮頸がん予防ワクチン接種にて因果関係を否定できない副反応の報告があり、積極的な勧奨を察し控えるよう勧告がありましたが、 この度厚生労働省の検討部会において改めてワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認されました。
 接種による有効性が副反応リスクを明らかに上回る結果となりましたので、
函館市でも令和4年度から個別勧奨を再開しています。

◎公費対象者
 @ 市より2022年現在、中学1年生および高校1年生相当の女子に案内を送付
   ※接種期限は高校一年生終了時まで
 A 接種機会を逃した方
  ・平成9年4月2日〜平成18年4月1日生まれの女子
   ※接種時に函館市に住民登録がある方に限る
   ※過去に子宮頸がん予防ワクチンの接種を3回受けた方は、対象外
   ※接種期限は令和7年3月31日まで

◎ワクチンの種類について
 ワクチンは「ガーダシル」と「サーバリックス」の2種類がありますので、
選択可能です。

ガーダシル サーバリックス
予防効果 高リスク型 HPV16・18型
低リスク型 HPV6・11型
高リスク型 HPV16・18型
接種方法/回数 筋肉注射 / 3回 筋肉注射 / 3回
接種間隔 初回、2ヶ月後、6ヶ月後 初回、1ヶ月後、6ヶ月後
副反応 発熱、めまい、発しん
接種部位の疼痛など
詳細は函館市のパンフレットをご参照願います。

◎予約方法
お電話にてご相談ください。
0138-41-1221 音声ガイダンスが流れますので3番を押してください。

本ページ作成にあたり、函館市 子宮頸がん予防ワクチン接種のホームページを参照させて頂きました。