診療時間

HOME > 深瀬医院 > 当院の歴史

当院の歴史

西暦和暦出来事
1818年文政元年深瀬鴻齋(現会長曽祖父)町医者として開業
1847年弘化4年初代・深瀬鴻堂、出生
1860年万延元年箱館医学所開設される(鴻堂の兄、洋春が初代頭取となる)
1869年明治2年箱館医学所は箱館府民政方病院となる
1868年明治元年初代・鴻堂、箱館府民政方病院に勤務
1869年明治2年箱館府民政方病院は函館病院と改称される
1878年明治11年初代・鴻堂、函館病院院長となる
1891年明治24年初代・鴻堂、函館病院院長を辞任、市内富岡町に開業する
1913年大正2年初代・鴻堂、死去
鴻堂6男・陸郎が2代目・深瀬鴻堂を襲名する
2代目・鴻堂、音羽町に深瀬病院開業
1916年大正5年鴻一郎(現会長)、2代目・鴻堂の長男として出生
1918年大正7年2代目・鴻堂、松風町に深瀬病院を新築(内科、外科、産婦人科、放射線科を標榜)
1934年昭和9年函館大火により病院焼失
湯の川に深瀬病院として再建
1952年昭和27年3代目・鴻一郎、現在地、松川町に新築開業する
1964年昭和39年増床(39床)し、深瀬病院とする
1985年昭和60年法人化し、医療法人鴻仁会深瀬病院とする(54床)
1996年平成8年3代目・鴻一郎(理事長)、4代目・晃一(副理事長)
通所リハビリ施設“デイケアふかせ”を新設
1999年平成11年4代目・晃一、院長に就任
2002年平成14年3代目・鴻一郎、会長に就任
4代目・晃一、理事長に就任
2012年平成24年深瀬病院、病床転換により深瀬医院(15床)へ転換